Arashi
Murata

名前:村田 嵐
2002年2月21日、小学一年生で親の影響でサーフィンを始め、毎日兄と切磋琢磨しながら日々練習を積む。
12歳でオーストリア リップカール世界大会U12で優勝。14歳でプロ公認を得て、15歳の時にサーフィン上達の為、カメラマンの父と2人で千葉に移住。2019年9月1日時点JPSA10位。

Daiki
Tanaka

名前:田中 大貴
ISA World Surfing Games 2015 ニカラグア ポポヨ / 2017 フランス ビアリッツ Men‘s 日本代表。ISA VISSLA World Junior Surfing Championship 2015 アメリカ カリフォルニア州 / 2016 ポルトガル アゾレス諸島 U18 日本代表。第49回全日本サーフィン選手権大会 ボーイズ 優勝、第50回同大会 ジュニア 優勝。NSA 年間統合ランキング 1位(2014年)、NPA 年間統合ランキング1位(2015年)、JPSA 第8戦 なみある仙台プロ supported by やまや 2018 準優勝、QS1000 Quiksilver Open 2018 準優勝。現在、WSL(ワールドサーフリーグ)の試合をメインに海外転戦中。

Kaisa
Kawamura

名前:河村 海沙
湘南、鵠沼をホームポイントとして、20歳でプロ公認を得る。国内外のサーフィンコンテストツアーで活動。2017JPSAプロツアートップシード入り。
冬のシーズンは、Hawaii North shoreでビックウェーブアタックにも定評あり。昨シーズン、海外サイトSurflineにてWave of the winter 2月部門で日本人初の優勝する快挙。

Sasuke
Kawatani

名前:河谷 佐助
2013年ジュニアクラス優勝、2013年総合ランキング第1位、同年にJPSA公認プロ資格取得。2014年世界ジュニア日本代表、同年にペルーで行われたワールドサーフィンゲームス日本代表。
大阪を拠点に世界に通用するサーファーとなる為、スノボーやスケボーを取り入れパーソナルトレーニングを実施。地元のキッズ達にもサーフィンやスケボーの楽しさを伝えるSchoolも開催。

Minato
Takahashi

名前:高橋 みなと
小学校3年生からサーフィンを始め、国内外の大会へ参戦。ISA、WSLのワールドジュニアに日本代表として選出される。2011年、東日本大震災による難局を乗り越え、その年 JPSA公認プロ資格を取得と同時に、4位入賞を果たす。
雑誌やラジオ、メディアへの露出も多く、2013年にはマルハンワールドチャレンジャーズにて協賛金100万円を獲得するなど、様々な分野で活動・挑戦中。目標は“記憶に残るライディングで観客を魅了すること。”

Kai
Hamase

名前:浜瀬 海
小学1年生からスケートボードとサーフィンを始め、中学2年の時にプロ。JPSAショートボードをまわり始める。
20歳でロングボードでのプロとなり、ルーキーオブザイヤー、そして日本のチャンピオンに。趣味は写真を撮ること。ロングボードでは世界の試合をまわる。

Emily
Nishimoto

名前:西元 エミリ
ハワイで生まれ育ち、10歳でサーフィンを始め、15歳でプロサーファーに。
JPSAを3年回り、2016年にはランキング2位、2017年ランキング3位。2018年には世界のWQSをまわり始め、WCTツアーにクオリファイするためにWQSランキング6位を目指す。

Yuta
Tsukamoto

名前:塚本 勇太
小学生5年生からサーフィンを始め、アマチュア時代に全国大会で3連覇。
その後、ポルトガルで行われたワールドジュニアに日本代表として出場。現在日本ランキングは17位。国内はもちろん、オーストラリアやインドネシアなど、海外の大会にも出場中。

Dai
Wako

名前:和光 大
父親の影響で幼少期からサーフィンを始め、11歳から本格的にプロサーファーを夢見るようになる。中学卒業と共に、サーフィン、英語のステップアップの為、オーストラリアへ留学を決意。現地の高校、専門学校を卒業後、20歳で日本へ戻りJPSAプロトライアルを受け合格し、公認プロサーファーとなる。同年ルーキーイヤーでALL JAPAN PROで優勝しトップシード入りを果たす。
2018年11月から3か月間にわたり世界一周サーフィン旅に出る。映像制作も本格的に始め、世界一周blogはYouTubeで2万回再生されほどの人気コンテンツに。その他、柔術青帯、英語通訳をこなす。オーストラリア在住のブラジル出身のロドリゴ主宰SURF MOVEMENT level1 certificate保持。

Yugo
Kawahata

名前:川畑 友吾
プロサーファーの父親の影響で8歳から本格的にサーフィンを始め、17歳でプロに合格。高校卒業後、プロサーファーとして国内ツアーに参戦。
23歳でサーフィンスクールを始め、多くの方々へサーフィンの楽しさ、素晴らしさを伝えている。試合とサーフィン教室を両立させながら、どちらも日本一を目指している。

Ride the wave! -movie-
by Kaisa Kawamura

SURFING LIFE WITH AMINO MASON
on Instagram